留袖の買取相場っていくらぐらい?

留袖を買取して欲しいと思い立ったら

訪問着の留袖、買取してもらえるかな?

 

留袖の買取を考えている方は、
ちゃんと買取をしてもらえるか不安ですよね。

 

今回は、留袖の買取についてご紹介します。

 

 

〇留袖の買取実績について

 

留袖の買取価格の実績を見てみると、
使用済み、使用感アリ、無名作家のものが1000円〜3000円。

 

高価で有名作家のものであれば、1〜2万円。
最高で5万円程になります。

 

1着でこの価格なので、何着も持っている方であれば、
予想以上の買取価格にビックリするでしょう。

 

〇処分するのはもったいない「留袖」

 

折角もっている留袖をただ捨てて処分してしまうのは、
とてももったいないです。

 

なぜかというと、留袖は元の価格が高いため、
高額で買取をしてくれる商品の1つだからです。

 

留袖を捨てようか迷う前に、まずは売却を考えてみて下さい。
絶対に損にはなりませんよ!

 

〇安心の無料サービス

 

留袖についての説明・相談はもちろん無料ですし、
ご利用に関する料金は一切かかりません。

 

出張買取、持ち込み買取、宅配買取もしてくれるため、
安心してサービスを利用することが出来ます。

 

無料でここまでのサービスが受けられるのは、嬉しいですよね。

 

 

留袖の買取は、使用感アリでも値段がつきます。

 

また、無料サービスが受けられることを考えると、
ただ処分してしまうよりは、査定してもらう方がいいでしょう。

 

貴重な留袖を無駄にしないためにも、買取を考えてみて下さい。

 

 

\ 留袖もそうだけど、訪問着・帯の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。


留袖買取のメリットデメリット

留袖買取のメリットデメリット

 

留袖買取を考えている方は、
メリット、デメリットが気になると思います。

 

それぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。

 

〇留袖買取のメリット

 

・売却までの手続きがとても手軽に済む

 

査定〜売却までの手続きが早いため、手軽に済みます。
また、ネット買取は手間や費用もかかりません。
無駄な待ち時間などもないので、素早い対応が期待できます。

 

・留袖(着物)を査定するプロなので、高額査定が期待できる

 

着物専門のプロが鑑定するため、正当な価格を付けてくれます。
なので、リサイクルショップよりも高額査定が期待できます。

 

・必要としてくれる人の手に渡るため、無駄になることがない

 

手軽な手続きや高額査定も嬉しいですが、
何よりも欲しい人の手に渡ることが嬉しいですよね。

 

〇留袖買取のデメリット

 

特に大きいデメリットなどはありませんが、
オークション形式よりも買取価格が安くなる場合があります。

 

しかし、自分でオークションに出すのは、
写真を撮ったり値段を考えたり、とにかく手間がかかります。

 

また、ちゃんと売れるかどうかわからないものに頼るよりは、
留袖買取を利用したほうがスムーズに売却することができますよ。

 

 

留袖買取のメリットは、
手続きがスムーズ、高額査定が期待できる、
そして、必要な人の手に渡るということがわかりました。

 

デメリットに関しては、
注目すべきポイントではないので、気にする必要はないでしょう。

 

留袖買取を考えている方は、是非メリット、デメリットを参考にしてみて下さい。

留袖を高く売るコツ

留袖を買取して欲しいと思い立ったら

留袖を高く売るコツ

 

留袖を高く売るためには、いくつかポイントがあります。
ポイントをチェックしておくことで、
査定額も変わってくるので、是非覚えておきましょう。

 

それでは、留袖を高く売るポイントについてご紹介します。

 

 

〇留袖を高く売るポイントは?

 

もちろんダメージが少なく、綺麗なものが高く売れます。
なので、細かい傷や擦れ、カビなどがないか確認してください。

 

また、サイズが小さすぎることによって安くなってしまいます。
もし今後、留袖を買うことがあればサイズは大きい方がいいかもしれませんね。

 

そして、一番重要なポイントは「証紙」の有無です。
着物の品質・価値を証明するものなので、必ずつけておいてください。

 

ちなみに帯や小物などもセットで査定してもらうことで、
金額アップの可能性大なので、覚えておきましょう。

 

〇自宅で長く保存しておくのはNG

 

留袖は、自宅で長く保存しておくことで、
カビやダメージが発生してしまうおそれがあります。

 

留袖は、シーズンで売れ行きが変わることはないので、
いらないと思ったらでるだけ早く相談するようにして下さい。

 

 

〇留袖買取の口コミ

 

・古い留袖だったので不安でしたが、予想以上の金額になった!

 

長年タンスにしまいこんでいた留袖数点を買取してもらったところ、
ダメージの少ないものは予想以上の金額になったそうです。
古いというだけでは、マイナス査定には響かなさそうですね。

 

・スムーズな手続きがとてもよかった

 

電話からのスムーズなやり取りがとても良かったそうです。
自分で売却をするのが面倒な方には、スムーズなやり取りは嬉しいですよね。

 

・いらない留袖や留め具などを大量に処分できて助かった!

 

ただ捨てるだけではもったいないですし、
ゴミの日に大量に捨てるのって、意外と大変ですよね。
無駄な労力を使わずにお金になるのであれば、買取をしてもらった方がいいでしょう。

 

 

留袖を高く売るためには、ダメージ、サイズ、証紙の有無、を確認し、
小物などをセットで売るようにして下さい。

 

また、長く保存しておくことで生地が傷んでしまうので、
できるだけ早く買い取ってもらうようにしましょう。

 

そして、口コミを見てわかる通り、
買取に出して無駄になることはなさそうですね。

 

留袖の買取を考えている方は、覚えておきましょう。


訪問着とは

留袖とは

 

留袖の買取をしてもらう前に、
留袖について詳しくご紹介したいと思います。

 

 

〇留袖って何?

 

留袖は、大きく分けて「黒留袖」「色留袖」の2種類に分けられます。

 

字を見てわかると思いますが、
黒留袖は着物が黒いもの、色留袖は色合いが様々なものがあります。
ちなみに、黒留袖は格が高いものとされています。

 

そして、留袖は基本的に既婚女性のみが着用できる着物です。
格式の高さや既婚女性の着用が許されていることから、出番が多いため、
買取需要が高く、買取価値もあるのです。

 

〇色留袖について

 

色留袖は先ほどご紹介した通り、様々な色合いがある留袖です。
そして、黒留袖の次に格式が高いものとされています。

 

生地は模様のないものから、模様のあるものまで、
様々なタイプのものがあります。

 

また、黒留袖と訪問着の中間位置とされることが多く、
身内の慶事などに着用する方が多いそうです。

 

〇留袖の生地や模様について

 

黒留袖の生地には、浜縮緬(はまちりめん)、丹後縮緬(たんごちりめん)、
といった地模様のないものが使われており、袖部分に模様が入っています。

 

模様は五つ紋が既婚女性の第一礼装とされており、
最近では、結婚式や披露宴などの服装として着用されることが増えました。

 

 

留袖は、訪問着より格式高い着物だということがわかりました。
格式の高さは黒留袖が上、次に色留袖がきます。
状況に合わせて選ぶと、品が良く見えそうですね。

 

これから必要になり、そしていらなくなったとしても、ネット買取があります。
留袖は比較的高価なものなので、綺麗に保存しておけば高く売却できるでしょう。

 

留袖が気になる方は、是非ご覧ください。

 

 

\ 留袖もそうだけど、訪問着・帯の価値は今いくら… /
→バイセルで着物一式を査定してもらいましょう。

ページの先頭へ戻る